「ほっ」と。キャンペーン

K's Photo Note

カテゴリ:琵琶湖( 29 )

出で立ち

d0148125_20511715.jpg


いいポイントなんやろか?
わざわざ、こんなとこでルアーせんでもええのに。
カメラ傾けながら、
どうしたって入るよな~と心の中でブツブツ言いながら、
単焦点しか持ってないし、パシャリ!

この週末は晴れる予報の割には寒気の影響で寒かった。
琵琶湖までの道すがらの温度表示も10度前後だったし。
よって服装はタイツに長袖、それにウインドブレイカーといういでたち。
しかしスタート早々すれ違ったローディーは、
半袖、短パンのサイクルジャージ。

気合が違うのか、
それともペースが違いすぎて発熱量が多いのか・・・
対照的な装い。

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも、応援ありがとうございます
[PR]
by ksphoto | 2011-10-04 20:54 | 琵琶湖

ビワイチ

d0148125_19531712.jpg


昨日はビワイチ、そう琵琶湖一周に行ってきました。
関西の自転車乗りなら一度は、
というのがビワイチとアワイチらしい。
そう、琵琶湖一周と淡路島一周。
両方とも距離が短くも無く、さりとて過酷なほど長いわけでもないし、
程々に走り応えがある距離で一周する達成感が魅力なんだろうなあと、
走った事ないんで、勝手に想像してみる。

淡路は気分的にも遠いんで、
ここは馴染みのある琵琶湖になるんだけど、
寒くなって猫が寄ってくるから前の日に一緒に昼寝したのと、
年甲斐も無く妙に浮ついて寝付けなかったのがネック。
この寝不足が大いに不安材料。
体調管理がなっておりません・・・

夜明け前には、しっかり一枚。
綺麗な朝焼けも無く、
どんよりとした空がなんとも寒々しかった。




ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも、応援ありがとうございます
[PR]
by ksphoto | 2011-10-03 19:53 | 琵琶湖

続 琵琶湖にて 

d0148125_19435963.jpg


去年は夏以降、3回の琵琶湖詣でした。
夏以降も秋に彼岸花を、そして冬らしくなってから。
で、そのすべてで見かけました、彼を。
必ず、もう撮ってるんです。
こちらも夜が明ける前には着いてるんですけどね。

その事を話すと、
「夏以降は、毎週行ってます。凝り性ですから」
と、返ってきた。
なんとなく予想はしてたけど、やっぱり!

写真展の美瑛の風景もたくさんの時間の中から、
生まれてきたんだろうという事は、
容易に想像できる、美しい写真たちだった。
結局、風景写真はちゃちゃっと仕上げられるものではなく、
地道な積み重ねの上に成り立ってるんだと、
改めて納得でした。

桜だ、雪だ、と気まぐれで出掛ける自分は、
わざわざ来たんだからと結果を求めがち。
シャッターを押せずに終わっても、
今日はいい出会いがなかったねと、言えるような心のゆとりが、
たぶん必要なんだろう。
まだまだ先は長そう^^

ところで、あれほど広い琵琶湖でかならず会うんだから、
いざ撮るとなると、絵になりそうな所が限られるところがムズカシイ。


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2011-02-16 19:49 | 琵琶湖

琵琶湖にて

d0148125_21335850.jpg


以前から拝見しているブログの方の個展にお邪魔した。
と前回の記事に書きました。
コメントもした事がないと書いたけれど、
面識はありました。
というか、あったと確信してました。

去年の夏、夜明け前の星空でも撮ろうと思って、琵琶湖に出かけた時、
すでに撮影してる人がいて、
一声挨拶だけ済ませて、僕も撮影を始めた。
そのテキパキとした撮影スタイルに相当手馴れた方だというのはすぐに解かりました。
ブログでは最近、琵琶湖を撮っているようだし、、
もしかして、ブログの主?
すぐにそう思えました。

で、写真展に行ってみて、やはり彼。
「以前、お会いした事ありますか?」とたずねる彼に、
顔も見えない暗闇の中で一度挨拶した事があると伝えると、
どうやら、その時の事を覚えていたようで、
僕の車も知ってました。
普段撮影しているときは、
無愛想な顔をしてキョロキョロしてるでしょうから、
よっぽど印象的だったのかも^^

  <つづく>


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2011-02-14 21:35 | 琵琶湖

朝寝坊

d0148125_2115081.jpg



傘を差しながら、ゆっくりとシャッターを切ってみる
風や時が写ることはなく
湖面に浮かぶエリ以外
何も写ってないように感じる

先日の寒波は雪が積もることも無く過ぎ、
週末は貴重な晴れ予報が!
夜明けの港でも行ってみるかと、
いそいそとカメラの充電など準備をしてみたけれど、
目が覚めると9時でした。
予定変更で仕方なく年末の掃除を前倒しで頑張ってみました^^


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-12-19 21:15 | 琵琶湖

光のほうへ

d0148125_17591466.jpg


この日は前線の通過にともなって
天気も下り坂
星が輝いていた夜空も
夜明け前頃には
雲が足早に東の空に向かって流れてゆきました


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-12-12 18:00 | 琵琶湖

穏やかな朝

d0148125_12175219.jpg



エキサイトのアプリが出てたので、早速使ってみました(^-^)/

朝から琵琶湖に来てみたんだけど、星を撮るには遅すぎる中途半端な時間に到着。
のんびり朝の景色を撮った後、
早起きがたたってウトウト。
目が覚めると予報どおり、すっかり曇り空。
書いてる今は雨もぽつぽつ降ってきたけど、
湖の色と風を感じたいし、
もう少し走ってみます。
[PR]
by ksphoto | 2010-12-11 11:34 | 琵琶湖

夏風景

d0148125_20114619.jpg


フィルムの頃からほとんどモノクロの経験がないから、
現在に至るまでカラーばかりで撮ってきた事になるのかな。
でも、デジになってから簡単に白黒に変換できる、
後から画像を見ながら、
あーだこーだと触って楽しんでるのか苦しんでるのか時間が過ぎる。

しかしカラーと白黒、
撮るものが微妙に違うような気がする。
カラーでは撮らないけれど、白黒なら撮ってみたいと思う被写体に出会うことがある。
当たり前と言えば当たり前のことなんだろうけれど、
自分にとってはとても新鮮だったりする。
しかし、現場でカラーだ白黒だといちいち切り替えて物を見るなんて・・・
今日は白黒と決めて撮らないと頭が付いていかない。



Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-09-21 20:14 | 琵琶湖

月夜

d0148125_1915374.jpg


夜空には雲はなく、月と星が輝いていました。

何度も訪れていると、
最初は新鮮だった風景は
何処を見ても見慣れたものになってくる。
ファインダーを覗いていても、また同じかと一人呟いてしまう。
それゆえに新しい視点で、切り口で被写体を見つめていけば、
また違った世界が開けるかもしれない。


明るく見えてるようで、ほとんど真っ暗。
早く着きすぎて久しぶりの夜の撮影になってしまい、
ペンライト忘れたとか、アングルファインダーの倍率上げてピント合わせようかとゴソゴソやってたけれど、
ライブビューで確認できる事を発見(当たり前か^^;;)
楽チン楽チン、技術の進歩を再確認しました。



Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-09-08 19:18 | 琵琶湖

光溢れる時間

d0148125_20513151.jpg


夏の朝陽は色も匂いも違う気がする。

Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-09-06 20:53 | 琵琶湖