K's Photo Note

カテゴリ:琵琶湖( 29 )

風に吹かれて

d0148125_21345346.jpg



続けているのか、いないのか。
↓の関係ないものも載せてるし・・・

という事で琵琶湖の写真は、これで最後にします。


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-03-12 21:31 | 琵琶湖

白い時間

d0148125_2165165.jpg



春めいてきたのに、寒々しい写真ばっかりで・・・

でも、今日は朝に白いものがちらちらと
北風も強い、寒い一日でした



Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-03-08 20:41 | 琵琶湖

Silent Time

d0148125_19183972.jpg

ZenzaBronica SQAi    RVP50



随分昔に撮った写真なので、あまり覚えてない。
湖北か~、冬だね~、夕暮れだね~くらい(汗)
でも、見ていると風は無いけど冷たい空気を感じながら撮ってたような気がする。
見返しながら、昔の記憶を辿れるのも写真のいいところ。

ところで、スキャナーの調子が悪い!
今回もちょいと苦労しました。
フィルムをプリントすることも、これからそれほど多くないと思うし、
新しいのを買う気にもなれないし。
とりあえず、これからも気合で動いてくれ~^^

Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-03-02 19:20 | 琵琶湖

波もよう

d0148125_216419.jpg



冬枯れの葦の影と緩やかな波が作る模様が織物のようにも見えます。
厳しい冬の景色ではないけれど、これも冬の一コマ。

冷たい雨のスタートになりましたが、今日から3月ですね。
週末は梅の香りも嗅ぐことができたし、花もちらほら見かけました。
出掛けやすい気候にもなるし、積極的に撮っていきたいなぁ~


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-03-01 21:08 | 琵琶湖

「薄雪」

d0148125_20223288.jpg



うすゆき、すこしだけ積もった雪のことらしい。
ちょうど、それ位でしょうか。
松林の向こうから差し込む光に照らされた雪模様が綺麗でした。

ほんの数キロ移動してきただけで、吹雪から快晴に。
やっぱり光があれば、どんな物も輝いて見えるし写欲も沸いてきます。


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-01-07 20:23 | 琵琶湖

「わかっていても・・・」

d0148125_23314072.jpg




寝袋一枚では、足りなかったようで、寒くて目が覚めたら7時半でした。
もう朝陽が・・・
と言わないといけなくは無かったようで、
予報通り、全くのノーチャンス
車の外は吹雪いてました^^;;

ダメと解っていても、何か一つ見つかればいい。
そんな気楽な気持ちで出掛けてみるのもいいのかもしれません。


Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2010-01-04 21:17 | 琵琶湖

「輝いていた日々」

d0148125_20385992.jpg


風景写真誌等で活躍されていた上杉満生さんが亡くなられたようです。
琵琶湖では撮影時に何度かお見かけし挨拶することもありましたので、
その姿を思い出すと、信じられない気持ちです。
琵琶湖での思い出の一つとして心の中にしまっておこうと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2009-12-29 20:41 | 琵琶湖

「夜明け色」

d0148125_19102625.jpg


車中泊
不景気も手伝ってか知らないけれど、いまブームのようで
先日テレビでも取り上げていたし、それによるとどうも本も出てるらしい
風景を撮るには、この2畳あまりの移動ホテルは
とても快適
このままずっと放浪していたい気分になってしまうこともあります^^
ただ市街地とは離れた場所にいることが多いからワンセグが入らない
ネットなんて贅沢は言わないけれど
せめてワンセグ位は見たい

Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2009-11-11 19:12 | 琵琶湖

「湖面を照らす光」

d0148125_238121.jpg


朝からどんよりと曇った天気。
雲間から射す光に救われる思いがしました。

Blogランキングに参加しています
[PR]
by ksphoto | 2009-08-23 23:09 | 琵琶湖

「色が消えてゆく時」

d0148125_1965372.jpg


太陽が徐々に昇り始め、
うす雲を通して届く光が降り注ぐと、
ひと時、色が消えてゆきました。
まるで、モノクロームの世界を見ているようでした。
[PR]
by ksphoto | 2009-05-06 19:07 | 琵琶湖