K's Photo Note

養父ハチ高原 ヒルクライムチャレンジ 2013 続き

d0148125_22294455.jpg


只今 大阪滞在中







さて、レース参戦の続き

会場駐車場に着いても雨は止まず、気が進まないなぁと車の中でうじうじしてましたが、
周りは徐々に戦闘モード。
屋根の下でローラー回してる人を見ながら、
気合入ってるねえと感心しつつ、自分も着替え開始。
受付を済まして会場に集合した頃には周りの熱気を頂きつつ、モチベーションも若干UP!

そして止まない雨の中、パレードラン開始。
でもスタート地点に着いたころには、ちょうど雨も止んでいました。
ラッキー! アリガトー
日頃の行いが効いたのか ^m^

さてスタート前、自分の周りの速そうな、もとい、すべての選手達は、すでにアウトオブ眼中。
目下の関心事は作戦とかそんなもんじゃありません、
クリートキャッチをミスっていきなりズッコケないか、それだけがマジで心配で心配で(笑

そして、パーーーン、スターート!!
シューズはペダルに吸い込まれ、無事キャッチ完了。
あぁ?一安心、肩の荷が下りましたって、
こんな人間が出場してていいんかな、ホンマにと思いつつ第二作戦に移行。


人と競った経験の無い人間、ついつい気合が入るんだろうが
とにかく先は長いしオーバーペースは禁物。
ここは慎重にマイペースでペダルを漕ぐ事に集中。
しかし、どんどん集団が離れていって見えなくなりそうなんですが、着いていかなくていいんですか?(汗
そして採った行動は、、恐る恐る後ろを振り返る。
やっぱり誰もいない、早くも単独走行決定(大汗
誰か、後ろにつかせて引いて下さい!!

いきなりの激坂もクリアし、沿道の声援に元気を貰いつつ、
やっと気分も落ち着きだす。
本格的な坂道区間を前に、本日の作戦は名付けてクルクル大作戦(笑
試走の経験からここで脚が売り切れるようでは、後半が辛いので。
やっと前方から落ちてくる選手を拾いつつ、とにかくクルクル廻す。
しかしクルクルケイデンス作戦は、もろ心臓と肺を直撃。
とにかく呼吸が苦しい。空気が薄いんとちゃう?
べった争いして、
こんなに苦しくて苦しくて、
何で走ってんねん
脚着いたろかと、本気で思いました (笑

こんな妄想が巡りながら、どうにかヨレヨレでゴール!!
計測止めるのも忘れてた。

休憩所で温かいお汁を頂き疲労感に包まれて、今持てるすべては出し切ったと実感。
最大心拍数も平均心拍数も、過去最高を計測してました。
やっぱり一人じゃ、ここまで追い込めんよね。
結局、試走よりも8分短縮。
下山時は本格的に雨が降ってきましたが、無事到着。
達成感はありましたが、また出たいと思う今日この頃です。


答え 身の程、出てみないと解らない。
by ksphoto | 2013-12-09 22:31 | ロードバイク